uSPaxのご紹介

組込み開発のプラットホーム

操作パネルやコントロールボードをLinuxプラットフォームとしてGUI / CUI の開発環境をご提供する目的で開発されました。ROM, RAM, Ether,Serialなど最低限のH/Wであれば、どんなCPUにも組込み可能です。.

操作パネルやパネコン画面の簡単作成

ボタンやリスト、グラフ等、豊富なコンポーネントを使用してさまざまな画面を持ったアプリケーションが簡単に開発できます。.

       

開発はWindowsで実行はリモート転送

開発はWindowsで行います。ターゲットボードにはその場でLANでリモート転送の実行が可能です

 

リモートデバッグ

ボタンひとつでターゲット上で動作させているアプリケーションをデバッグできます。

 

GUIアプリケーション

ウィンドウ、メッセージボックス、テキストボックス、イメージ、時計ボタン、画像ボタン等のGUIコンポーネントを多数用意しております。 詳しくは GUIツールをご覧下さい。

CUIアプリケーション

画面を必要とCUIアプリケーションの開発もサポートしています。C/C++言語で標準的なLinuxプログラムを行え、Makefileも自動生成されます。

タイマ/スレッド

タイマやスレッドコンポーネント化されておりこれらを容易に使用できます。

クロスコンパイル

Windows上で開発しますがコンパイルはターゲット上のCPUにあわせたクロスコンパイル環境になっています。ターゲットCPUに応じて切り替えが可能です。

リモート転送

作成したアプリケーションをボタンひとつでリモート転送(LAN経由)し実行させることが出来ます。

リモートデバッグ

・ブレークポイント(ソースエディタと連携)
・実行制御
・変数等のウォッチ機能
・メモリー情報
・スレッド情報
・レジスタ情報
・逆アセンブル
・コンソール

開発PCから直接ターゲットへLANでリモートでデバッグが行えます。

* デバッガ搭載版のみの機能です。

ODBC(オプション)

ODBCを経由してネットワーク上のデータベースサーバーへアクセス可能です。

Bluetooth(オプション)

・HCI-USBドライバ
・PAN
・アクセスポイント
・RFCOMM
アプリケーションのインターフェースはシリアルやTCP/IPと同じ形になりますので、Bluetoothを意識せず開発が行えます。

無線LAN(オプション)

USB無線LAN対応ですので容易に無線LAN環境を作成することが出来ます。

Bootloader(オプション)

OSが起動する前のスプラッシュ画面などをサポートしています